映画「劇場」を無料動画で見る!あらすじ・見どころもおさらい!

https://www.cinra.net/news/20200319-gekijyo
あなたの悩み

「劇場」を無料で見る方法を知りたい
「劇場」の内容を知りたい

こういった悩みについて答えます。

「劇場」は、2020年7月17日に公開された制作会社ザフールの映画です。

制作総指揮は、『世界の中心で、愛をさけぶ』や『ピンクとグレー』などで有名な行定勲監督です。

今回は、「劇場」の無料フル動画の視聴方法や、あらすじ、見どころについてまとめました!

目次

「劇場」を見たい!DVDの発売日・動画配信日はいつから?

「劇場」は2020年7月17日から公開されてます。

現在、DVDは発売されていません。

【無料】「劇場」がタダ見れる|おすすめの動画配信サービス

実は、「劇場」を実質タダでみることができます。
動画配信サービスをご紹介していきます!

Amazon Prime Video

引用:Amazon Prime Video
お伝えしたいポイント
  1. 30日間〜最大6ヶ月の無料トライアル
  2. 超低価格の利用料金
  3. アマゾンプライムなどプライム特典が豪華で便利すぎる
  4. 人気のオリジナルコンテンツ多数配信中
  5. 学生ならさらに半額で利用可能

損しないプライム会員

無料フル動画で見ることができる行定勲監督の作品

「劇場」をはじめとする、行定勲監督の映画作品を見ることができる動画配信サービス(VOD)をまとめてみました。

無料トライアルを上手に使えば、実質無料で動画視聴できちゃいます。

動画配信サービス世界の中心で、愛をさけぶクローズド・ノートピンクとグレーナタラージュ
U-NEXT×
TSUTAYA TV
Amazon
Prime Video
dTV
FODプレミアム
Hulu××××
※本情報は2020年12月現在の情報です。
最新の配信状況は各動画配信サービスの公式サイトをご確認お願いします。

◎:無料で見れる(見放題やポイント利用含む)
△:課金したら見れる
×:見れない

「劇場」のあらすじ

「劇場」のあらすじ

夢を叶えることが、君を幸せにすることだと思ってた— 演劇を通して世界に立ち向かう永田と、彼を支えたいと願う沙希。夢を抱いてやってきた東京で、ふたりは出会った。 中学からの友人と立ち上げた劇団「おろか」で脚本家兼演出家を担う永田(山﨑)。しかし、前衛的な作風は上演ごとに酷評され、客足も伸びず、劇団員も永田を見放してしま う。解散状態の劇団という現実と、演劇に対する理想。そのはざまで悩む永田は、言いようのない孤独を感じていた。そんなある日、永田は街で、自分と同じスニーカーを履 いている沙希(松岡)を見かけ声をかける。自分でも驚くほどの積極性で初めて見知らぬ人に声をかける永田。突然の出来事に沙希は戸惑うが、様子がおかしい永田が放って おけなく一緒に喫茶店に入る。女優になる夢を抱き上京し、服飾の大学に通っている学生・沙希と永田の恋はこうして始まった。お金のない永田は沙希の部屋に転がり込み、 ふたりは一緒に住み始める。沙希は自分の夢を重ねるように永田を応援し続け、永田もまた自分を理解し支えてくれる沙希を大切に思いつつも、理想と現実と間を埋めるよう にますます演劇に没頭していき―。 「一番 会いたい人に会いに行く。こんな当たり前のことが、なんでできなかったんだろうね。」

Flmraks映画

「劇場」のキャスト・スタッフ

キャスト

山崎賢人:永田
松岡茉優:沙希 
寛一郎:野原
伊藤紗莉:青山
井口理(King Gnu):小峰
浅香航大:田所   

スタッフ

監督:行定勲
原作:又吉直樹
製作:吉本興行
脚本:蓮菜竜太
撮影:槇憲治
美術:相馬直樹
衣装:高山エリ
編集:今井剛
音楽:蘇我部恵一

【ネタバレなし】「劇場」の3つの見どころと感想

太宰治の影響を受けている作品

原作者:又吉直樹が好きな太宰治の影響を受けている作品「劇場」。

太宰治は明るく陽気で道化のようなお調子者な部分と、暗い厭世的(えんせいてき)な部分の両方を合わせ持っており、厭世的な部分が映画によく表れています。

厭世的(えんせいてき)とは

世のなかに飽きて、生きているのが厭(イヤ)になること

山崎賢人(永田)は人生初の髭を生やし天才肌の劇作家兼演出家の役を演じ、松岡茉優(沙希)は夢を叶えようとする彼を健気に支える難役を演じてます。

倫子

突然、小汚い風貌で知らない男に後を付けられているだけで恐怖を感じるのに、その後お金のない永田と喫茶店に行き珈琲を一緒に飲んでご馳走する沙希。
私だったら考えられない行動です。

壊れている永田、壊れていく沙希

観ていて辛く、切なくなり、早く解放してあげてと、胸が苦しくなる映画。

自分のプライドのために明らかにおかしなことを言い酒に酔っては大声をあげ、横柄(おうへい)な態度をとり沙希に依存する永田と彼の才能を信じ健気に支える沙希に胸が締め付けられます。

「ここが一番安全な場所だよ」や「今までよく生きてこれたね」など、沙希が永田にかける言葉が優しく印象的です。

才能はあるが、一見クズな永田はなかなか周りに理解されません。
永田の苦悩する姿がリアルに表現され、沙希は永田の才能(芝居や脚本)を信じ、支えようとする気持ちに共感できます。

暗い物語の中に小さな幸せが描かれていて2人の心情や劇中の雰囲気がなんともいえず引き込まれます。

沙希自身も自分の本当の気持ちが分からず、最初は笑っているだけで本音を話しません。

沙希はなにを感じ、考えていたのか、考えながら鑑賞するとより世界観に浸れます。

倫子

猿のお面を劇の小道具で作るシーン。
猿のお面は笑っているのか、哀しんでいるのか分からないところが物語のキーワードだと思います。

2人の気持ちのすれ違い

嫉妬や才能にもがき苦しむ永田。

最初は永田の才能を信じていた沙希も徐々にすれていきます。

そして、展開は悪い方向に進んで行きます。

「もう東京駄目かも」と帰郷する沙希。

沙希がいなくなる時、永田はどんな行動をとるのか。

倫子

ラスト衝撃の展開が待っています。
号泣しちゃいました。

「劇場」の世間の口コミ・評判は?

「劇場」が気に入ったら見るべき映画

発行部数300万部、人気お笑い芸人ピース又吉直樹原作の「火花」が待望の映画化。

スクロールできます
動画配信サービス火花
U-NEXT
TSUTAYA TV
Amazon
Prime Video
dTV×
FODプレミアム
Hulu×
※本情報は2020年12月現在の情報です。
最新の配信状況は各動画配信サービスの公式サイトをご確認お願いします。

◎:無料で見れる(見放題やポイント利用含む)
△:課金したら見れる
×:見れない

良かったら参考にされてください。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる