映画「Disney’sクリスマス・キャロル」を無料動画で見る!あらすじ・見どころもおさらい!

あなたの悩み

「Disney’sクリスマス・キャロル」を無料で見る方法を知りたい「Disney’sクリスマス・キャロル」の内容を知りたい

こういった悩みについて答えます。

Disney’sクリスマス・キャロル」は、2009年11月14日に公開されたウォルトディズニースタジオモーションピクチャーズ配給映画です。

制作総指揮は、『バック・トゥ・ザ・フューチャー』や『フォレスト・ガンプ/一期一会』などで有名なロバート・ゼメキス監督です。

今回は、「Disney’sクリスマス・キャロル」の無料フル動画の視聴方法や、あらすじ、見どころについてまとめました!

目次

「Disney’sクリスマス・キャロル」を見たい!DVDの発売日・動画配信日はいつから?

「Disney’sクリスマス・キャロル」は2011年11月2日からブルーレイ&DVDが発売開始されています。

「Disney’sクリスマス・キャロル」は、ブルーレイ&DVDで視聴することもできますが、動画配信サービス(VOD)での無料視聴の方がおすすめです。

【無料】「Disney’sクリスマス・キャロル」がタダ見れる|おすすめの動画配信サービス

実は、「Disney’sクリスマス・キャロル」を実質タダでみることができます。
おすすめの動画配信サービスをご紹介していきます!

ディズニープラス:Disney公式の動画配信サービス

引用:Disney+
お伝えしたいポイント
  1. ドコモユーザーなら、「ドコモのギガプラン」と「ディズニープラス」を両方契約で、毎月最大990円(税込)を3か月間割引あり
  2. ディズニーがグローバルで展開する定額制公式動画配信サービス。ディズニー、ピクサー、マーベル、スター・ウォーズ、ナショナル ジオグラフィック、スターの名作・話題作のほか、ここでしか見られないオリジナル作品も見放題!月額990円(税込)
  3. バラエティ豊富なディズニープラス オリジナル(ディズニープラスのためだけに制作された長編映画、シリーズ作品など)も見れる!
  4. ディズニー公式の動画配信サービスのため安心安全

\ 有名なディズニー・アニメが見放題 /

「Disney+ (ディズニープラス)」は、ディズニー公式の動画配信サービスです。

dアカウントにはじめて入会した場合、初月無料になります。しかも、月額料金は700円(税抜・31日間無料)と1000円もしません。

「Disney+ (ディズニープラス)」は世界で唯一の「ディズニー」「ピクサー」「マーベル」「スター・ウォーズ」「ナショナル ジオグラフィック」の作品が見放題となる動画配信サービスです。

小さいお子さんから大人までディズニー関連の作品は世界中で人気があるため、メリットしかありません。

「Disney’sクリスマス・キャロル」のあらすじ

「Disney’sクリスマス・キャロル」のあらすじ

スクルージ&マーレイ商会を営んでいた初老の男スクルージは冷酷で無慈悲な人間で、彼を知る者の多くはエゴイストのスクルージを忌み嫌い、仕事仲間であったマーレイの葬儀の際にも布施を出し渋るばかりか、亡骸の瞼に置かれた冥銭を持ち去るほど金に取り憑かれた男であった。

葬儀から7年後のクリスマスイブの夜、亡霊となったマーレイが彼を訪ねてきた。生前、会計事務所に篭って人生を無駄にした自分の愚かさを嘆き、犯した罪の分だけ重く長くなった鎖に囚われた自らの姿を指して、このままでは「お前も同じ運命を辿る」と忠告をしにきたのだ。そして「お前のもとに3人の精霊が現れる」と言い残して去っていく。

程なくして最初の精霊がスクルージの前に姿を現した。彼はスクルージの過去のクリスマスの精霊だと自らを名乗った。

Wikipediaより

「Disney’sクリスマス・キャロル」のキャスト・スタッフ

キャスト(声の出演)
  • エベニザー・スクルージ(現在):ジム・キャリー(山寺宏一)
  • エベニザー・スクルージ(27歳):ジム・キャリー(山寺宏一)
  • エベニザー・スクルージ(17歳):ジム・キャリー (内山昂)
  • エベニザー・スクルージ(少年):ジム・キャリー (柴井伶太)
  • 過去のクリスマスの霊 :ジム・キャリー (山寺宏一)
  • 現在のクリスマスの霊 :ジム・キャリー (山寺宏一)
  • 未来のクリスマスの霊 :ジム・キャリー (台詞なし)
  • ボブ・クラチット:ゲイリー・オールドマン (安原義人)
  • ジェイコブ・マーレイ :ゲイリー・オールドマン (安原義人)
  • タイニー・ティム:ゲイリー・オールドマン( – )
  • フレッド:コリン・ファース (森川智之)
  • フェジウィッグ:ボブ・ホスキンス (熊倉一雄)
  • ジョー:ボブ・ホスキンス (熊倉一雄)
  • ベル:ロビン・ライト・ペン (諸星すみれ)
  • ファン:ロビン・ライト・ペン (伊藤美紀)
  • ディック・ウィルキンス:ケイリー・エルウィズ
  • バイオリン弾き:ケイリー・エルウィズ
  • 太った紳士:ケイリー・エルウィズ (島香裕)
  • 貧しい男:ケイリー・エルウィズ
  • ピーター・クラチット:ダリル・サバラ
  • マーサ・クラチット:フェイ・マスターソン
  • キャロライン:フェイ・マスターソン
  • クラチット夫人:レスリー・マンヴィル
  • ベリンダ・クラチット:モリー・C・クイン
  • タイニー・ティムの声:ライアン・オチョア (伊澤柾樹)
  • フェジウィッグ夫人:ジャッキー・バーンブルック
  • フレッドの妻:レスリー・ゼメキス
  • キャロラインの夫:カラム・ブルー
  • キャロラインの子供:レイモンド・オチョア
    ※( )内は日本語吹き替えキャスト
スタッフ

原作:チャールズ・ディケンズ「クリスマス・キャロル」
監督:ロバート・ゼメキス
製作:スティーブ・スターキー、ジャック・ラプケ
脚本:ロバート・ゼメキス
撮影:ロバート・プレスリー
編集:ジェレマイア・オドリスコル
音楽:アラン・シルヴェストリ

【ネタバレなし】「Disney’sクリスマス・キャロル」の3つの見どころ

Movie Walkerから引用

ここからは「Disney’sクリスマス・キャロル」の見どころを3つ、なるべくネタバレをしないようにお伝えします。

美麗なグラフィックに潜むホラー

Movie Walkerから引用

子供のころに観た実写映画のクリスマス・キャロルがアニメーションになったため、観てみました。

序盤のスクルージの憎々しげな表情、死んだ人が目の前に現れたり精霊による非現実的な出来事…クリスマスというイメージからすると、あまりの恐ろしさにびっくりしてしまうかも。

倫子

ストーリーをすべて知っている私でも飛び上がりそうになる場面がありました。

生身のままでスクルージが精霊と一緒に空を飛んでいくシーンは、その疾走感や背景となるロンドンの建物や景色がさすがディズニー!といわしめるほどの美麗さです。さながらディズニーランドのホーンテッドマンションやディズニーシーのタワーオブテラーを彷彿とさせます。

精霊の見せる景色はお仕置きというにはかなり刺激的ですが、それでも画面に見入ってしまうのはアニメーションなのに怖いと感じてしまうくらいリアリティがありかつ背景が本物と見紛うくらい美しいグラフィックのおかげかもしれません。

スクルージの改心の過程

ロンドンで商売をしている主人公のスクルージは、孤独とお金をこよなく愛し、自分以外の人間や楽しいことには無関心かつ嫌悪感を強く示している老人。クリスマスの寄付をお願いしに家に訪れた聖歌隊に罵声を浴びせ追い返したりしてしまう強欲さと優しく接してくれる甥からのパーティの誘いも無下に断ってしまう冷淡さで周りの人々からも嫌われています。

過去、現在、未来のクリスマスの精霊にスクルージの過去、現在、そして未来の自分の姿を見せられます。

過去では自分の生い立ちから始まり本人も忘れていたうれしかった記憶、そして今の自分を形成したともいえる封じ込めていた悲しい記憶。

現在では今周りの人間が置かれている状況。いろんな人たちがどうクリスマスを過ごしているか。

そして未来には何が待ち構えているか。

精霊たちは忠告というよりも事実だけをスクルージに見せていきます。

スクルージにしてみれば思い出したくない、見たくないものばかり。しかしそれを見せられるにつれてスクルージの心がに小さな変化が生まれます。言葉で忠告されるよりもただ事実のみを見て振り返ることで素直にスクルージの心にしみていったのでしょう。

スクルージの心境の変化の描写がみられる過程が非常にわかりやすくなっています。

倫子

ディズニー作品であり、子どもにも何か感じることがあるかも。

【一人7役】ジム・キャリー

主役のジム・キャリーは少年期から青年、現在の老人期と人生通してのスクルージ役と過去、現在、未来のクリスマスの亡霊と実質一人で7役もの声を担当しています。

日本語訳では全部ではありませんが山寺宏一さんが吹き替えをしていますので二人のエンターテイナーの声を聴き比べると楽しいですよ。

「Disney’sクリスマス・キャロル」の世間の口コミ・評判は?

https://twitter.com/Atae_osono/status/1333974628725768193

「Disney’sクリスマス・キャロル」が気に入ったら見るべき映画

クリスマス・キャロルは何度か実写映画化もされています。

おすすめは1970年制作の監督ロナルド・ニーム、主演アルバート・フィニーのもの。
ミュージカル仕立てになっておりディズニーのものと同じくらい見やすいと思います。

こちらはDVDがあり、無料配信はありません。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる