映画「おくりびと」を無料動画で見る!あらすじ・見どころもおさらい!

おくりびと
あなたの悩み

「おくりびと」を無料で見る方法を知りたい
「おくりびと」の内容を知りたい

こういった悩みについて答えます。

おくりびと」は、2008年9月13日に公開された松竹映画です。

監督は、『陰陽師』や『壬生義士伝』などで有名な滝田 洋二郎です。

主な受賞歴

【日本の受賞歴】

第32回日本アカデミー賞 作品賞・監督賞・脚本賞・主演男優賞・助演女優賞・撮影賞・録音賞・編集賞

第51回ブルーリボン賞 主演男優賞

【海外の受賞歴】

第81回アカデミー賞 外国語映画賞

第32回モントリオール世界映画祭 グランプリ

今回は、「おくりびと」の無料フル動画の視聴方法や、あらすじ、見どころについてまとめました!

目次

「おくりびと」を見たい!DVDの発売日・動画配信日はいつから?

「おくりびと」は2009年3月18日からブルーレイ&DVDが発売開始されています。

「おくりびと」は、ブルーレイ&DVDで視聴することもできますが、動画配信サービス(VOD)での無料視聴の方がおすすめです。

【無料】「おくりびと」がタダ見れる|おすすめの動画配信サービス3つ

実は、「おくりびと」を実質タダでみることができます。
おすすめの動画配信サービスをご紹介していきます!

TSUTAYA TV:無料期間に1,100円分のポイントをもらえる

引用:TSUTAYA
お伝えしたいポイント
  1. 30日間(約1ヶ月)の無料お試し期間あり
  2. 見放題で楽しめる作品は10,000本!
  3. 1,100円分のポイントが無料期間に使える

30日間無料体験できる

「TSUTAYA TV」に新規登録すると、30日間の無料お試し期間がついてきます。
そして、無料でフル動画を本当に視聴できます。

TSUTAYA TVでは、1,100円分のポイントを利用すると、「おくりびと」が実質無料で視聴することができますよ!

本ページの情報は2021年3月時点の情報となります。最新の情報は TSUTAYA DISCAS/TSUTAYA TV 本体サイトにてご確認下さい。

U-NEXT:雑誌・マンガも楽しみたい人はこれ

u-next
引用:U-NEXT
お伝えしたいポイント
  1. 31日間無料お試し期間あり
  2. 動画20万本は見放題、2万本のレンタル動画を配信中(2020年10月時点)
  3. 無料期間中に600円分のポイントプレゼント
  4. 毎月1,200PのU-NEXTポイントが貰える
  5. ポイントは「ポイント作品・レンタル作品」に使用可能
  6. 雑誌、対象漫画が追加料金なしで読み放題
  7. 韓国ドラマに強い
  8. 最大4台同時視聴可能

31日間無料体験できる

「U-NEXT」に新規登録すると、31日間の無料お試し期間と600円分のポイントがついてきます。

ついてきたポイントを利用すると、なんと無料でフル動画を視聴できます。

本ページの情報は2021年3月時点のものです。最新の配信状況はU-NEXTサイトにて
ご確認ください。

Amazon Prime Video:30日間無料トライアル!

引用:Amazon Prime Video
お伝えしたいポイント
  1. 30日間〜最大6ヶ月の無料トライアル
  2. 超低価格の利用料金
  3. アマゾンプライムなどプライム特典が豪華で便利すぎる
  4. 人気のオリジナルコンテンツ多数配信中
  5. 学生ならさらに半額で利用可能

損しないプライム会員

「Amazon Prime Video」に新規登録すると、30日間の無料体験期間がついてきます。

無料体験期間にはすべてのプライム会員特典が利用可能で、会員特定対象の映画やTV番組、アニメが見放題なのはもちろん、生鮮食品を含むお急ぎ便・お届け日時指定便に加え、Prime MusicやPrime Readingまで使い放題でお得です。

滝田 洋二郎監督の作品を無料フル動画で見れます

「おくりびと」をはじめとする、滝田 洋二郎監督の映画作品を見ることができる動画配信サービス(VOD)をまとめてみました。

無料トライアルを上手に使えば、実質無料で動画視聴できちゃいます。

スクロールできます
動画配信サービス陰陽師壬生義士伝ラストレシピ
麒麟の舌の記憶
U-NEXT×
TSUTAYA TV×
Amazon
Prime Video
dTV××
FODプレミアム××
Hulu××
※本情報は2021年3月現在の情報です。
最新の配信状況は各動画配信サービスの公式サイトをご確認お願いします。

◎:無料で見れる(見放題やポイント利用含む)
△:課金したら見れる
×:見れない

「おくりびと」のあらすじ

「おくりびと」のあらすじ

年齢問わず、高給保証!実質労働時間わずか。旅のお手伝い。NKエージェント!!

「あぁこの広告、誤植だな。”旅のお手伝い”ではなくて、安らかな”旅立ちのお手伝い”。」

求人広告を手にNKエージェントを訪れた主人公・大悟(本木雅弘)は、社長の佐々木(山崎努※)から思いもよらない業務内容を告げられる。 それは【納棺(のうかん)】、遺体を棺に納める仕事だった。戸惑いながらも、妻の美香(広末涼子)には冠婚葬祭関係=結婚式場の仕事と偽り、納棺師の見習いとして働き出す大悟。 美人だとおもったらニューハーフだった青年、幼い娘を残して亡くなった母親、沢山のキスマークでお送り出される大住生のおじいちゃん…そこには、さまざまな境遇のお別れが待っていた!

TBS.co.jp

「おくりびと」のキャスト・スタッフ

キャスト

本木雅弘:小林大悟
広末涼子:小林美香
山崎努:佐々木生栄
余貴美子:上村百合子
吉行和子:山下ツヤ子
笹野高史:平田正吉

スタッフ

監督:滝田洋二郎
助監督:長濱英高
脚本:小山薫堂
撮影:浜田毅
美術:小川富美夫
衣装:北村勝彦
編集:川島章正
音楽:久石譲

【ネタバレなし】「おくりびと」の3つの感想・見どころ

映画「おくりびと」を無料動画で見る!あらすじ・見どころもおさらい!
引用:映画.com

ここからは、「おくりびと」の見どころを3つ、なるべくネタバレをしないようにお伝えします。

天職

納棺師(のうかんし)
この仕事に誇りをもち、遺体を棺に納める姿がとても神聖で尊い行為だと思いました。

主人公の大悟は、チェロ奏者として東京で生活をしていましたが、オーケストラの経営破綻で失業。

妻の美香を連れて、故郷の山形へ戻り見つけた職は「旅のお手伝い」。
旅行関連の仕事と思っていた大悟でしたが、遺体を棺に納める「納棺師(のうかんし)」という職業でした。

採用されてすぐに孤独死の現場での作業に圧倒され、すぐに辞めようと思っていましたが、経験を積むことによって仕事への理解が深まっていく様子が描かれています。

始めは抵抗を感じていた仕事に対してだんだんと気持ちの変化が起こり、大悟の真面目な性格で器用なところから天職だと感じはじめます。

また、映画の中では事あるごとに食事のシーンがあります。
命あるモノから食事を頂く事が、死後の仕事を請け負う大悟たち「納棺師(のうかんし)」の生き様を描いているかのようでした。

さらにチェロの音により、生と死の感情を身近に感じることができる作品です。

家族の愛

映画「おくりびと」を無料動画で見る!あらすじ・見どころもおさらい!
引用:映画.com

大悟は妻の美香には、「納棺師(のうかんし)」の仕事を冠婚葬祭の仕事と言葉を濁していました。

「納棺師(のうかんし)」の仕事をしていると知った時、辞めてほしいという美香の言葉や態度は私もよく理解できます。

子供も出来て自慢の夫・父親であってほしいと思うことや、人の死で生計を立てていくことに対する抵抗感はあります。

しかし、その気持ちが変わっていくのが、大悟が小さい頃から通っていた銭湯のおばちゃんの納棺のシーンです。

納棺に立ち会った美香は、大悟の動作一つ一つを見て故人に対する尊敬や愛情を感じ取り、決して「汚らわしい」仕事ではないことを知ったのです。

そこから美香の気持ちが前向きに変わっていくところに、大悟に対する深い愛を感じました。

倫子

火葬のシーンで常連のおじちゃんから、「行ってらっしゃい、また会おうの」というセリフが心に沁みました。

旅立ちのお手伝い

映画「おくりびと」を無料動画で見る!あらすじ・見どころもおさらい!
引用:映画.com

映画の冒頭のシーンで、若い女性の納棺が行われました。

大悟が体を清め、服を替えようとする時に気づきます。
「もしかして男性…かな?」

このシーンはユーモアがあるように映りますが、残酷なシーンに思えました。

女性は性同一性障害の生きにくさや絶望の末、命を絶った…現代にも残る問題を感じさせられました。

しかし、家族の理解できないという様子は感じましたが、最後は女性として旅立っていけたのが唯一の救いだったと思います。

「おくりびと」の世間の口コミ・評判は?

久石譲が手掛けたサウンド

映画「おくりびと」を無料動画で見る!あらすじ・見どころもおさらい!
引用:新日本フィルハーモニー交響楽団

「おくりびと」の音楽はジブリ・サントラのほか、世界的に活躍する久石譲による作曲で、NHK交響楽団や東京都交響楽団の首席陣ら12人のチェロアンサンブルに加え、メインテーマ「おくりびと」のソロを奏でるのは若きチェリスト、古川展生。

映画を観た後にチェロの音色を堪能してみてください。

コロムビアミュージックエンタテインメント
倫子

古川展生さんは、人気、実力ともに最も注目を集めているチェリストです。

 日本映画で米国アカデミー賞「外国語映画賞受賞」の作品を無料動画で見よう!

映画「おくりびと」を無料動画で見る!あらすじ・見どころもおさらい!
引用:RBBTODAY

「おくりびと」は第81回アカデミー賞で、日本映画史上初の外国語映画賞を受賞しました

アカデミー賞の国際映画賞(外国語映画賞)は、英語以外の映画が対象です。
当初は「特別賞」「名誉賞」などと呼ばれていましたが、1957年から「外国語映画賞」という名前になりました。
さらに、2020年から「国際長編映画賞」という名称に変更されました。

映太郎

「おくりびと」は日本映画としては初めてとなる外国語映画賞を受賞した作品です!

21世紀に入ってからは、ジブリのアニメ映画「千と千尋の神隠し」(宮崎駿監督)が長編アニメ賞を受賞しています。

さらに、個人では坂本龍一が作曲賞、石岡瑛子や和田恵美子が衣装デザイン賞、黒澤明が特別名誉賞を受賞しています。

倫子

これまでに「おくりびと」を含め、4作品が受賞しています。

スクロールできます
動画配信サービス羅生門(1951年)地獄門(1954年)宮本武蔵(1955年)
U-NEXT×
Amazon
Prime Video
dTV××
※本情報は2021年3月現在の情報です。
最新の配信状況は各動画配信サービスの公式サイトをご確認お願いします。

◎:無料で見れる(見放題やポイント利用含む)
△:課金したら見れる
×:見れない

良かったら参考にされてください。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる